読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不倫で謝る理由ってなに?

歌舞伎役者の中村橋之助が不倫したとして、謝罪会見をしていた。たまたま今日のモーニングショーで、こうした謝罪会見は必要なのか?というコーナーをやっていた。


いったい誰に謝るのか、なんで見ず知らずの視聴者に謝る必要があるのか?という意見が色々あった。奥さんに謝る必要はあっても、なんの迷惑をかけた訳でもない一般視聴者に、なぜ謝る必要があるのか。こうした問にキチンと答えるのは難しいかも知れない。


でも、謝罪しなけりゃ、それはそれで非難されると言う意見もある。それはもう理屈の世界ではなく、感情の世界のように思う。アカの他人が、他人の事(不倫)に口を挟みたいという、出しゃばり根性の様にも思う。


ホントはマスコミが、少しでもニュースネタが欲しいから、押しかけて無理やり謝らせてる気もしなく無い。謝らないと、逃げた…みたいな報道がされるかもしれない。ベッキーは謝り続けたのに、ゲスの極みは逃げてしまった、とも見られると言われれば、まあそうかな…とも思う。


ゲブの極みの川谷が、「謝るって誰に謝るの?」っと発言した事に反発を感じたのは、開き直りに思えからだった。ただあれば、ベッキーだけを矢面に立たせた事への反発であって、謝らなかった事自体への反発ばかりでも無かった気がする。


外国ではどうなんだろう?タレントが不倫したら、謝るのだろうか?芸能人と政治家とでは違うのかもしれない。日本の不倫報道は、マスコミが、マスコミのネタ作りの為にしている気がする。


因みに、今朝みていたモーニングショーでは、番組中にリモコンからのアンケートを行っていたが、60数パーセントが謝罪の必要なし、30数パーセントが必要あり、とのアンケート結果だった。