読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技で勝って、勝負に負ける日本柔道

以前、報道番組で、技術で勝って、ビジネスに負ける日本企業、という指摘を聞いたことがある。
技術的には日本企業が勝ってるにも関わらず、商売では外国企業にやられてるとの事。


オリンピック報道で、柔道を見ていると、つくづく、同じ事やってるな〜、と思う。
キレイな一本勝ちにこだわり過ぎるとか…。 

特にイライラするのは、日本側がポイントで有利で、そのまま逃げ切ればいいものを、更に一本をと、無理に仕掛け、無理がたたって相手に返され、ポイント逆転で負けるパターンである。


逃げ切れるなどと云う考えは武士らしくない、とでも言いたいのだろうか。
ポイント有利などと考えず、常に攻めの姿勢を失わないこと、とでも指導してるのだろうか?


そうした指導があるなら、それが無理な攻撃にまで及び、手に入りかけたメダルを、おめおめと相手に献上してる原因ではないだろうか。