読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不倫や犯罪で、本人に代わり、家族や勤め先が謝るのは当然か?

昨日、不倫謝罪が必要かどうかと書いたが、身内や従業員の犯罪などで、家族やその会社が謝罪するのはどうなんだろうと、前から思っていた。ただ、家族の謝罪と、会社がする謝罪とは、また違うのだろう。


以前、テレビ局の社員が通勤電車で、痴漢して捕まった事件があった。そのテレビ局は謝罪し、社員教育を徹底していきたい様なコメントを出した。あれって、テレビ局は謝る必要があるのだろうかと思った。個人としてやった事に、職場や上司は何の責任も無いのではないだろうか。
 そもそも会社の関われないところで、個人としてなった事なんだから。痴漢防止を社員教育としてやるなんて、それはそれでおかしな話だと思う。


以前、アメリカで、警官が強盗だか何だかの事件をおこし、捕まった事があった。その捕まった警官の職場たる警察署は、馬鹿な事やったもんだ!っと云う応対であった。無論、謝罪などしなかった。飽くまで「その本人のやった事」だからだ。その後、日本でも警官の不祥事件が時々起こるが、以前ほど謝らないように思う。誤っているが報道されないだけかもしれない。


一方、事件を起こした当人の家族が謝るのは、当然なのだろうか?高畑母親は全面的に誤った。かっては、一言謝りながらも、あんなバカ息子は厳しく罰をうけるべきだと、突き放した態度を取った芸能人の親もいる。


フランスのレストランで銃乱射して、多数の死者の出たテロが今年あった。フランス国籍の中東人2世か3世が犯人だ。その姉は、アパートまで出来たマスコミに、ドアの中から「許して下さい…」と謝った映像が流された。

家族の場合は、謝るべきかどうか、難しいと思う。

不倫で謝る理由ってなに?

歌舞伎役者の中村橋之助が不倫したとして、謝罪会見をしていた。たまたま今日のモーニングショーで、こうした謝罪会見は必要なのか?というコーナーをやっていた。


いったい誰に謝るのか、なんで見ず知らずの視聴者に謝る必要があるのか?という意見が色々あった。奥さんに謝る必要はあっても、なんの迷惑をかけた訳でもない一般視聴者に、なぜ謝る必要があるのか。こうした問にキチンと答えるのは難しいかも知れない。


でも、謝罪しなけりゃ、それはそれで非難されると言う意見もある。それはもう理屈の世界ではなく、感情の世界のように思う。アカの他人が、他人の事(不倫)に口を挟みたいという、出しゃばり根性の様にも思う。


ホントはマスコミが、少しでもニュースネタが欲しいから、押しかけて無理やり謝らせてる気もしなく無い。謝らないと、逃げた…みたいな報道がされるかもしれない。ベッキーは謝り続けたのに、ゲスの極みは逃げてしまった、とも見られると言われれば、まあそうかな…とも思う。


ゲブの極みの川谷が、「謝るって誰に謝るの?」っと発言した事に反発を感じたのは、開き直りに思えからだった。ただあれば、ベッキーだけを矢面に立たせた事への反発であって、謝らなかった事自体への反発ばかりでも無かった気がする。


外国ではどうなんだろう?タレントが不倫したら、謝るのだろうか?芸能人と政治家とでは違うのかもしれない。日本の不倫報道は、マスコミが、マスコミのネタ作りの為にしている気がする。


因みに、今朝みていたモーニングショーでは、番組中にリモコンからのアンケートを行っていたが、60数パーセントが謝罪の必要なし、30数パーセントが必要あり、とのアンケート結果だった。

蓮舫氏、二重国籍、本人の説明が分かりにくい。

分かりにくい。民進党蓮舫議員が、日本と台湾との二重国籍ではないかとの取りざれている。それについてのマスコミに対する本人の説明が分かりにくい。


「質問の意味が分からないけど、私は日本人です」
記者-台湾籍はないということでいいのか
「すいません、質問の意味が分かりません」
 これでは、二重国籍で有るのか無いのか、分からない。


「私は日本人です」と言われても、「日本人であり、台湾人でもある」と言うことだって有りうる。ペルーのフジモリ元大統領は、ペルー国籍と日本国籍二重国籍である。つまり、ペルー人であり、日本人でもあったのだ。だから「私は日本人です」と言っただけでは、二重国籍であるのか無いのか、国民はさっぱり分からない。


質問に対し「意味が分かりません」は、もっといけない。二重国籍かそうでないか、と聞かれたとき、二重国籍で無いなら、無いと言えばいいものを。意味が分からないはずはない。
 そんな答え方をするから、もしかしたら二重国籍かもしれないとか、疑う者が出てくるのだ。なぜきっぱり、二重国籍ではありません、と言わないのだ。


もしかして、自分は国籍も日本にして、身も心も日本人になる努力をこんなにしてるのに、未だに「あなたは日本人か、台湾人か」と聞かれる事への苛立ちかも知れない。多分そうだろう。現に、「今、そういううわさが流布されるのは正直悲しい」とも語ったそうた。しかし、苛立ちを抑えて、根気よく、丁寧に説明すべきだ。


「台湾籍を抜いている」というのも分かりにくい。国籍をぬく、とはどういう事か。抜いた国籍は元に戻せる余地が有るのか無いのか。大半の人が国籍法を知らない事をよく理解して、説明すべきだ。一から説明すべきだ。


まだまだ有る。「私は生まれたときから日本人だ」と言いながら、「高校3年で、18歳で日本人を選んだ」とも述べているのも分かりにくい。それなら、18歳までは完全な日本人では無かったのではないか。
 生まれた時に、いわば自動的に日本と台湾との国籍を二重に持っていたが、それは幼かった自分の意志では無かったこと。そして自分の意志で決められる18歳になって、自分は日本人であると改めて意志表示をしたのだと、丁寧に説明すべきだ。
 極端に言えば、一般大衆は、蓮舫氏の名前と顔以外は何も知らないのだから、いちいち説明しないと何も分からない。


この騒ぎがあったので少し調べた。蓮舫氏は、日本の企業と貿易業を営んでいた台湾人の父と、日本人の母とのハーフだとか。本名が「村田蓮舫」だとは知らなかった。
 それならなぜ、「私は村田だ」と言わないのだ。台湾系である事の着目度の高さを利用したかったからでは無いのか。さんざん台湾系である事を利用しておきながら、今になって、私は日本人だ、と言われても違和感がある。
 タレント時代は蓮舫でもいいが、政治家になった時点で、「私は村田です。これからは村田と呼んでください」と言うべきだった。政治家になっても、台湾系という着目度の高さを利用していたとしか思えない。それなら「正直悲しい」と云うのも、自業自得に思えてくる。どうもよく分からない。


蓮舫氏は、質問の一つ一つに丁寧に答え、説明すべきだ。そして、これからは本名の村田を名乗るのが適切かも知れない。

夏目三久ちゃん、どうなるの?

昨日から、有吉•夏目の妊娠•結婚の報道が持ちっきり。もっとも、持ちっきりなのはインターネットの世界だけで、テレビはどの局も完全黙秘とか。かわいい夏目ちゃんも、やる事やってたんだ。でも、何も有吉でなくても良かったのに…、とか思った。


ところが今朝になって、夏目側の事務所が、事実無根とか法的措置を取るとか言ってるとのweb報道しきり。もっとも事務所は昨日から、否定はしてたとか。有吉も、ツイートで否定を臭わせる発言をしてるとか。


ん〜。有吉が汚れるのはとにかく、夏目ちゃんが汚れるのだけは勘弁してほしいな。

五輪おわった。でも、4年ごとってどお?

終わったね。男子400mリレーの銀は、いい締めくくりになって良かった。また4年後…。


でもオリンピックのたびに、なんで4年だろうと、いつも思う。古代オリンピックの時代は、その古代オリンピックを含め、4つの競技大会があっとか。4年ごとの大会が2つで、2年ごとの大会が残りの2つとのこと。


だったら4年ごとの大会も、その2つの大会が入れ替わり2年ごとにやってた計算になる。2年ごとの大会も合わせると、毎年の様にやってた事になる。


近代オリンピックの4年ごとって、間が空き過ぎと思うことがある。確かにオリンピックの希少価値を高めるのには、役立ってるかも知れない。IOCには、商品価値の高騰に役立っていいかも知れないが、間の4間年の途中がピークだった選手にとっては、理不尽を感じるのではないか?

五輪での、公開プロポーズって、どーかな〜

オリンピックで、公衆や観客の前でするプロポーズが後を絶たないとか。私はこうした事は、あまり好きではない。なんだか、祝福を強要されてる感じがする。


こうした事はたまになら、ずーと前からあったように思う。でもホントにたまにだ。それがいつの頃からか、あちこちで見られるようになった。


最初の頃なら、相手への思いを抑えられない男が、みんなの前でなら受けてくれるかもしれないと、思い詰めてやったのだろうか。


でも今は、自分のプロポーズを脚色したい、自分のプロポーズを何かで飾ってみたい、そんな勝手な都合でやってる気がする。「おい!お前らみんな!さあ、祝福してくれ!」ってね。それって少し、うっとうしくないか?


私は、うっとうしいけど。

SMAPのファンでなくても、解散は衝撃的

私は、SMAPのファンではない。ファン層より歳も離れてるし。でも、マスコミや世間の反応を見てると、解散の衝撃は、1グループの解散と云うだけでは留まらないという印象が強い。


若い人にはピンと来ない例えだが、石原裕次郎が死んだ時と似たものを感じる。あのとき兄の石原慎太郎が、同じ頃に亡くなった美空ひばりを引き合いに出し、「裕次郎とひばりの死とともに終わった昭和」と言ったのを聞き、まさにその通りだと思った。亡くなったのが、昭和の最後の1年だったと記憶してる。


人は日々暮らしている時、自分が生きてる世間や社会を遠目に見ている。政治や景気がどうなろうが、悲惨な事件や華やかな芸能界がどうなろうが、それはみんなテレビの向こうの話。それは、今の自分に関係ない話、そう無意識に受け止めている。


それでも、SMAPの様に存在が大きくなると、ファンでなくても、無意識に受け止めてたんだなと思う。いろんな出来事や登場人物を、それぞれジグソーパズルの一つ一つのピースの様に感じながら、見てたんだと思う。そして、SMAPもそのピースの1つだったんだと。


SMAPが解散して、ジグソーパズルの額の中から、大きなピースが一つ欠け落ちてしまった。大きな穴のあいたジグソーパズルは、今後どうなるんだろう、そんな印象を、ファンでなくとも感じているのではないかだろうか。